このページの目次を開く

実際の体験談をご紹介

子供の上京と夫の転勤(女性/40代)

女性/40代

双子の子供の大学進学に伴って、住まいだった実家を離れました。

部屋が空くことが決まった瞬間に夫の転勤も決まり、
交通の便が良さそうな場所へ引っ越すことを視野に入れるようになりました。

自宅の売却をどうするか、何かしら行動しなければならないと家探しの次に手を付けたのが、
インターネットから申し込める不動産の無料査定です。

自転車で行ける不動産屋を紹介されて、丁寧な連絡をもらいました。

不動産査定サイトのイエウールは使いやすく、査定の申し込みまで1分もかかりませんでした
色々な不動産企業から査定額が提示されて、選べたのも嬉しかったです。

現地視察が終わると、納得のいく結果が書かれた評価査定表が送られてきました。

不動産の売却にかかる税金について教えてもらえたこともあって、自宅を売る決断がつきました。
私自身パートをかけ持ちしていて、忙しかった割にはスピーディに済んで助かっています。

自宅をなるべく高く引き取ってもらって、引っ越した後の生活の足しになりました。

人気No1の不動産一括査定サイトはこちら

仕事の間を縫った2人暮らしの準備(男性/20代)

男性/20代

1人暮らしをしていたマンションの1室を売却しました。

元々は土地を気に入って学生時代の貯金含めた大枚をはたいた家でしたが、
友人との同棲が決まって涙ながら手放すことを決意しました。

1人暮らしには十分でしたが、2人暮らしには手狭だったためです。

勤務先の会社まで1時間近くかかることにも、引っ越しの決意を後押ししました。

時には終電に乗るほどまで遅く仕事をしていて、家の売却の準備を進められるか不安になったものの、
電子メールで疑問に答えてくれる不動産売却査定サイトを見つけました。

不動産会社の営業を代わりに断ってくれるサービスに心強さを覚えて、スピード診断を試したのがイエウールです。

一括査定で額が異なった不動産会社の一覧を見て、便利さに気づきました。

以前に知人が不動産会社で家の売却を見積もってもらったとき、
1年以内に必ず値が下がるとはったりをかけられたことを思い出します。

イエウールで厳選された不動産会社を見比べて、売却先を決められました。

母と一緒に転職先近くへ(男性/30代)

男性/30代

住んでいた場所から、電車で2時間かかる所に転職が決まりました。

自分1人だけが実家から引っ越すつもりでしたが、父と別れた母と一緒に新しい家を探すことになりました。
実家といってもマンションで、愛着がないと言えば嘘になりますが、通勤2時間には耐えられる気がしません。

スムーズに自宅の売却を進めたかったため、まずはイエウール一括査定を依頼しました。

査定額の高かった不動産会社と問題なく契約できて、
心配することなく引っ越しの準備に取りかかることができました。

家の売却については、競合物件や市場動向から売却価格を決めて、
勝負になる3か月以内で売れるよう努力をすると話していました。

インターネットとチラシを最大限活用するため、写真を多く撮る手間をいとわない姿が記憶に新しいです。

もしなかなか売れなかったときのための、値下げ額もあらかじめ提示してくれました。
適切な査定だけではなく、その後のフォローが十分で満足する結果となりました。

人気No1の不動産一括査定サイト

イエウール

イエウール
  • 60秒の簡単入力で不動産の無料一括査定が可能、初心者でも安心
  • 全国1200社以上の厳選された不動産会社が最適な査定価格を提案
  • 早く・高く・失敗しないで家を売却したい人にぴったりなサイト

よくある質問

不動産査定サイトを利用するメリットはありますか?

不動産査定サイトを利用するメリットは、時間を気にせず査定を申し込めることにあります。

自分自身で1つずつ不動産会社を調べる必要がなく、
平均的な売却価格や家の住所に対応した不動産会社を知ることができます。

他社との競合で直接不動産会社と交渉するよりも、価格が上がる可能性があります。

各不動産会社の得意不得意も見えてくるため、マンションや一戸建てなどを考えて不動産会社を選択することもできます。
不動産会社を不動産査定サイトが厳選している場合もあって、利用者の安全面が確保されています。

マンションの売却に税金はかかりますか?

仲介業者を通した際に発生する、仲介手数料のみに消費税が課税されます。

マンションを個人として売却することや、土地の譲渡で税金はかかりません。
もしも売買金額が100万円だとすると、仲介手数料は100万円に5%をかけて消費税を足して算出されます。

この場合、仲介手数料は5400円で内4000円が消費税です。

売買金額が200万円以上400万円以下であれば売買金額に4%と2万円、消費税を足します。
売買金額が400万円を超えると、売買価格に3%をかけて、6万円と諸費税を加えます。

売買金額が380万円であれば200万円に5%、180万円に4%かけた後に、
消費税と一緒に足した仲介手数料18万5760円の内、消費税は1万3760円です。

不動産会社を選ぶポイントは何ですか?

家の売却先である不動産会社は、査定に訪れた担当者が重要です。

提示された金額をはじめ、知識量や今までの実績が主な判断ポイントとなります。
適切な価格以外に、親身な対応の不動産会社を選ぶとトラブルを避けることができます。

実店舗で誇大広告のように、大げさな広告を掲げている場合は不当な情報操作を行う傾向が見られます。

歩道や公道の境界線では看板を出してはいけない決まりがあり、
物件情報が店舗から歩道などにはみ出していると、実は法律違反です。

机上査定と訪問査定の違いは何ですか?

簡易査定は物件情報の入力で大まかな査定金額が当日分かること、
訪問査定は物件の特性を加味して正確な査定額が分かることが特徴です。

簡易査定では物件種別や所在地、間取りや築年数などの情報が求められます。

訪問査定、売却相談では登記簿や登記済証、あるいは登記識別情報、土地と建物の図面、
分譲時のパンフレットに加えて売買契約書を用意しておくとスムーズに進みます。

査定項目には、土地の地形や周辺環境、建物の状態、マンションの場合は共有部分の維持管理といった状況が含まれます。

訪問調査では、簡易査定で入力する情報だけでは判断できない部分が金額に反映されます。

登記済証と登記識別情報とは何ですか?

登記済証、または登記識別情報とは、不動産の購入時に発行される権利証です。

登記済証が発行されていたのは、平成17年の不動産登記法改正前まででした。
完全に廃止された平成21年7月以降は、登記識別情報が全国で採用されています。

平成17年から平成21年7月までは移行期として、登記済証と登記識別情報が混在していました。

登記済証は権利証の紙そのもので、登記識別情報はアルファベットと数字12桁のパスワードが本体です。
登記識別情報が書かれた紙が発行された後、パスワードを控えれば紙を破棄しても問題はありません。

平成27年2月23日から様式が変わり、1度剥がすと貼り直せないパスワードの目隠しは折込式になりました。

A4の大きさの用紙のアンダー部分を折り込んで隠し、縁が糊付けされています。

隣にはQRコードが追加されました。シールをきれいに剥がせず、
パスワードが見えなくなるといった問題が解消されています。

もし登記済証や登記識別情報を紛失すると、不正に使用される可能性はありますか?

登記済証と登記識別情報を紛失したとき、実印や印鑑証明書の管理が行き届いていれば誰かに悪用される恐れはありません

所有権の移転などは登記済証の他に、印鑑証明書などの情報が必要とされます。
登記済証をなくしただけでは、登記記録上の権利には影響を与えません。

登録名義人以外による不正な登記は犯罪であり、無効化されます。

不正な登記がされる危険がある場合には、不正登記防止申出の制度を利用できます。
申し出から3か月以内に不正な登記を防止する制度で、権利の移動は禁止されません。

紛失した登記済証が犯罪に利用されるなど、具体的な不安があれば、3か月ごとに不正登記防止を申し出る形になります。

登記済証や登記識別情報を紛失した場合、不動産の所有権を移転することは不可能ですか?

不動産の所有権を移転するとき、登記済証がない場合でも正当な理由に限って申請することができます。

登記所から登録名義人あての事前通知とし、登記名義人の住所へ本人限定受取郵便物が送られます。
登記の申請に間違いがない場合、2週間以内に申し出ることで本人確認がされます。

登記の申請は公証人や司法書士などの資格者に委任することができます。

手数料がかかる場合がありますが、本人確認情報の書類を作ってもらって提出してください。

急いで家を売りたい時はどうすればいいですか?

急いで家を売る必要があるときは、不動産会社へ買い取りを依頼することになります。

他人に知られないことや瑕疵担保責任を負わずに済むこと、
リフォーム費用などがかからないことが仲介と異なるメリットとして挙げられます。

日程を調節できる他、仲介手数料も不必要です。

チラシに掲載されることはなく、内覧希望者が訪れることはありません。
不動産を手放して一定期間内に発生した、欠陥や故障の修理費用を出す必要もなくなります。

直接の買い取りは安値の売却に繋がることが多いため、慎重に判断しましょう。

買い取りに強い不動産会社を選ぶのも手です。

瑕疵担保責任とは何ですか?

瑕疵担保責任とは、売却した不動産の責任を負うことです。

契約対象に瑕疵、欠陥や破損があると判明すると損害賠償を払わなければなりません。
雨漏りやシロアリに食べられている柱、家の傾きなど気づくまでに時間を要した不具合が対象です。

知ってから1年の間であれば責任を追求できますが、負担が大きいため、
一般的に中古住宅の瑕疵担保責任は3か月と設定した上で契約する場合が多いです。

売主が個人であり、家が古い場合には瑕疵担保責任が設けられない場合もありますが、
宅地建物取引業においては最低2年の瑕疵担保責任を負うことが定められています。

不動産業と宅地建物取引業の違いは何ですか?

不動産業の業種には売買をはじめ、仲介や賃貸、管理などが含まれます。

宅建と略される宅地建物取引業は、売買や仲介の取り引きを専門に扱っています。
宅地建物取引業の場合、国土交通大臣や都道府県知事の免許を受けていなければ営業ができません。

不動産取り引きの専門的な知識を持っているのが、宅地建物取引主任者です。

宅地建物取引主任者は売買契約の終わり際に重要事項を解説して、重要事項説明書と売買契約書に記名し、印鑑を押します。
責任ある立場であるため宅地建物取引主任者の働き方は、不動産会社を選ぶポイントの1つとして見ることができます。

マンションに住みながら売りに出すことは可能ですか?

マンションなど、不動産は住みながら売却することが可能です。

引き渡しの直前まで暮せば、引っ越しの手間や費用が最低限で済みます。
新居へまだ入れないということであれば、空き室の状態を作るためだけに別の家を借りる必要はありません。

買主に対して、住み心地や家具を置く位置、生活のイメージを伝えられるメリットがあります。

内覧に関して予定を調整しなければなりませんが、生の声は買主の購入意欲を高めます。

赤ん坊がいる場合は泣いてしまうなど内覧に集中できなくなる可能性があるため、
近所の親戚に預けるか夫婦で在宅するといった対応策を取りましょう。

おもちゃは収納ボックスへ片付けて、大きな遊具には布カバーを被せると部屋の広さに対する印象が変わります。

ペットを飼っていればにおいや内覧者のアレルギーに気をつけて、
もし大きな声で吠えたり騒ぐようであれば散歩へ連れていきましょう。

家を売るときはハウスクリーニングをしておくべきですか?

家を売るとき、ハウスクリーニングをしておくと売れる確率が上がります

浴室や台所などの水回りは注目を浴びやすく、新築のような状態を作ることは大事です。
ハウスクリーニングは義務付けられていないため自由ですが、買主から値引きされる可能性が低くなります。

掃除を行うことで家に対する問題点が見えて、購入後のトラブルを前もって伝えられる他、購入意欲の機会をつかみやすくなります。

家によごれが残ったままであれば売却に時間がかかり、売れ残る恐れがあります。
内覧ではなく物件の査定前にハウスクリーニングを行えば、査定額を高めることもできます。

清掃が苦手な場合や、どうしても取れないよごれ、においがあればハウスクリーニング業者にお願いしましょう。

最低限きれいにしなければならない場所が分からなければ、不動産会社に尋ねると教えてくれます。

レインズとは何ですか?

レインズとは不動産流通機構が運営しているコンピューターネットワークシステム、不動産流通標準情報システムを指します。

指定流通機構の会員となっている不動産会社の情報交換がリアルタイムで行われていて、
不動産情報を受け取り、提供しています。

不動産業界が物件情報を把握し、連携して不動産売買の役に立てるよう平成2年に誕生しました。

複数の会社に物件の売却を依頼して、売主が買主を探す一般媒介契約を除き、
売りに出される物件はレインズへ登録しなければなりません。

中古物件の価格査定の基準となる情報を提供するなど、不動産流通市場の透明性を保持する役割を担っています。

不動産会社が物件を登録すると、登録証明書が発行されます。
売却の依頼先が1社である場合、不動産会社は業務の処理状況を売主に報告する必要があります

家は査定通りの価格で売り出さないといけませんか?

家を実際に売るとき、提示された査定価格通りでないといけないことはありません。

査定価格自体は、なるべく早く有利な状況で売買が成立するように客観的な目で設定されています。
査定価格よりも大きく変動した価格で売り出すと、査定価格よりも低い金額でしか売却できない可能性があります。

査定額よりも高い価格で売りたい場合は、売主と不動産会社両方が熱意を持っていなければなりません。

強気なあまり、家が売れ残っても値下げをしない可能性があることには注意しましょう。
値下げのタイミングをあらかじめ相談し、希望額を伝えるのは程々にすると、売却の失敗が少なくなります。

このページの先頭へ